デザイナー北原磨海が沖縄の海で出会った海がめに感動したことから生まれたネックレスヘッド。

海がめは古来、幸運を運んでくるという言いつたえがある神聖なモチーフです。

甲羅の部分はラピスラズリになっています。

ラピスラズリは、その独特の深く濃いブルーに白い模様や金色が浮かぶ神秘的な色合いを持ち、珍重されています。

ネックレスの通し穴のデザインもポイントで、参考写真にある天然石の連ネックレスやシルバーチェーン、革ひもチョーカーなどお好みで組み合わせてお楽しみいただけます。

※参考写真で海がめヘッドに通しているラピスラズリ連ネックレスは別売りです。

ラピスラズリ連ネックレス(長さ60cm、直径2mm/¥35,200)

 

海がめヘッド(ラピスラズリ)

SKU: 20009
¥34,000価格
  • 素材:シルバー、ラピスラズリ

    W19 x H34 x D7(mm)

    ★当サイトの[商品のお手入れとお取り扱い」を必ずご一読ください。